遺品整理や永代供養で故人を悼む【遺族HOTサービス】

funeral

これからも広まる

これからの遺品整理サービス

遺品整理とはもともとは四十九日の法要を終えたころに遺族の手で行われていたものです。それが時代の流れとともに、核家族化が進行し、ひとり暮らしでひっそりと最期を迎えるという方が増え、社会問題としても取り上げられるようになりました。身寄りのない方や近しい身内がいない方の場合、本来の身内に代わり遺品の整理を行うサービスとして誕生したのが遺品整理業のはじまりでした。遺品整理がサービスとしてはじまった当初は、なんでも屋・便利屋としての認識も強くありましたが、サービスとして定着していく中で、より専門的に行う業者も増えていきます。単なる住居の整理だけでなく、遺品の取扱いや心構え、また不用品処分に関する法的知識を備えた遺品整理士という資格もあります。

遺品整理がサービスとして広く認識されるとともに、その利用者も増加しています。また、不用品回収業者や引っ越し業者など、様々な企業が遺品の整理を請け負うサービスを開始いていて、今や遺品整理業者は数千にものぼります。業者数が増えたことは選択肢が増えるよいことでもありますが、一方で利用者とのトラブルも増加しているのが現状です。もっとも多いのが費用に関するトラブルで、見積とは異なる高額請求を受けたという例や勝手に作業を追加し、その分の費用を上乗せされたという例もあります。こうしたトラブルを受けて、近年では遺品整理士の活用が広がっています。専門知識をそなえた遺品整理士であれば対応にも安心が持てますし、遺品の整理だけでなく様々な相談も請け負ってくれるのも大きなメリットです。まだあまり知られていない資格ではありますが、終活ブームを受けて早めに対策を講じる方が増える中、今後はさらに注目を集めるとみられています。