遺品整理や永代供養で故人を悼む【遺族HOTサービス】

funeral

かかる費用

お得なキャンペーンなどを見逃さない。

葬儀の費用を抑えられ、遺族に負担をかけない散骨形式が人気となっている。この背景には核家族化や高齢化社会と言った問題があるのだが、散骨形式には費用の安さ以外に手作りの温かさのようなものが加わるので、その需要が伸びているとも言える。さてこの散骨だが、お墓に納骨するよりも遥かに費用は安い。撒く場所にもよるのだが、請け負い業者に頼んでもそうかからず、個人で散骨する事も規定さえ守れば合法なので、葬儀関連では破格の安さではないだろうか。またこのような散骨請け負い業者では土日限定、季節限定で更に価格がお得になるキャンペーン等も行っているので、ホームページ等で確認の上、より快適に利用できる手段を把握しておくことも大切だ。

散骨にかかる平均費用は基本的に安い。

散骨は先ほどものべたように個人で行っても合法である。つまり規定条件(遺骨は0.2ミリ以下の粉骨にし、撒く場所は個人の場合、個人の私有地であること)さえクリアしておけば、自宅の庭で撒くことも可能だと言う事だ。しかしながらやはり海や山で撒きたいと言う生前の故人の意志が多く、結果請け負い業者に委託すると言う形で多くが行われる。請け負い業者に頼んだ場合の費用は、平均して合同散骨なら数万円から15万円前後であり、最近流行しているハワイ等においての散骨でも、渡航費用と合わせて70万前後と、それほど高額ではないようだ。だがどうしても個人でやりたいと言う人には、個人散骨のネックとも言える遺骨の粉砕作業道具をレンタルする業者もある(レンタル料金約1万円程度)。請け負い業者に頼むか個人でするか、その選択は自由だが、散骨すると言うスタイルが人気な事には間違いがない。